【あべりょう】YouTube広告の小学校やいじめ生徒って実在しているの?

YouTube広告ってたまにものすごく鬱陶しいものが流れてきますよねw

中でも「あべりょう」氏の広告は、うざい・キモイ・不愉快などの感想がよく散見されます。

そんなあべりょう氏は、今回はどうやら「小学校でのいじめ」についての問題を歌にしているようですね。

めちゃくちゃ具体的に学校名、生徒の名前が出ていますけど…

「歌に登場している小学校とか生徒滅入って、ガチで実在する名前なの?」

ってめちゃ気になりますよね。もし仮に実在していたら、結構ヤバいことですし。

というわけで今回は、あべりょう氏の広告「正義のYouTube広告」の学校名・生徒名は実在するのかチェックしてみたいと思います。

 

※個人名の使用は控えさせていただきます。チェックしたい方はあべりょうさんのYouTube動画を参照していただけると幸いです。この記事による何かしらの損害については責任を一切負いかねます。

【あべりょう】YouTube広告の小学校やいじめ生徒って実在しているの?

では早速結論から…

・小学校名は存在しない

 

・生徒の名前については、同姓同名の人間はいる

「日立市立上諏訪小学校」と「豊田市立羽布小学校」は実在しない

日立市立上諏訪小学校は存在はしていませんが、「上」を抜いた「日立市立諏訪小学校」なら存在しています。

豊田市立羽布小学校についても、現在は存在しないものの昭和15年に閉校しているようです。

ちなみに、その閉校した羽布小学校は、「下山村立 羽布小学校」が正式名称となっています。

学生の名前って実在するの?ほんとにいじめてる?

名前自体は実在する

 

いじめの真偽は不明

歌詞の中で出てくる4人の小学生の名前は、そんなに変わった感じの名前ではないですよね。下手したら、アナタの周りにいる可能性だって十分に考えられます。

実際に名前を検索していただけると実在することがわかります。

なので名前自体は存在していることはわかりますが、「その人間がいじめをしている」という真偽は不明です。

同姓同名の人に悪影響を及ぼしてしまうという点で、問題視をしている人も大勢いるようですね。

むしろこれを機にいじめが発生しかねない…なんていう声もあるようです。

 

いじめというものは、普段本人たちと接している親・教師ですら気づかないパターンが多いようです。

中には気づいていても対処しない・対処できない、など本当に根が広く深い問題です。

真偽の確認すらも難しいですし、実際にいじめが行われているか否かの判断は難しいところでしょう…。

「正義のYouTube広告」については賛否両論の声

~編集中~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です