【活動休止】嵐の今後の活動はどうなっちゃうの?ドラマや映画など番組出演も休止しまうのか?

嵐が活動休止を発表し、日本中が震撼しました。

多くのファンを抱えた嵐、今や当たりの前の存在として日本の全メディアのトップに君臨していました。

多彩なキャラクターで、アイドルファンたちだけでなくお茶の間の幅広い年齢層からも支持を受け、本当に半端じゃない魅力を持ったグループ。

そんな嵐がついにいなくなってしまうとは・・・・

今後や活動休止後、いったい彼らの全活動はどうなっちゃうのでしょうか?

番組やドラマ出演、そういった個人としての活動もなくなってしまうのでしょうか?

というわけで今回は、嵐の今後の活動について考察や見解を述べていきたいと思います。

嵐の今後の活動どうなっちゃうの?

大野君:夏休み

 

桜井君:継続

 

ニノ:継続(or 結婚?)

 

相葉君:継続(or 結婚?)

 

松潤:継続(or 結婚?)

というのが、今のところ妥当な予想になるのかなぁと思います。

大前提として、嵐ほどの影響力・経済効果を有したアイドルグループの生活など、一般凡人が理解できるものではないということは間違いありませんが、客観的に見て予想を立ててみたいと思います。

 

さすがに、嵐メンバーたちも30後半ということで結婚願望というのはあって当然です。(結婚して活動休止するかどうかはまた別として)

というかむしろ、よく30後半まで結婚という決断を先延ばしにできたなぁとも思ってしまいますw

大野智の今後

「全ての活動をやめて、自由に生活をする自由に生活がしたい。」=活動はすべてやめる

記者会見にて「けじめとして、事務所自体をやめる気でいた」という趣旨の内容を話していました。

ところがいろんな方とお話をしていく中で、「お休み」という形でもいいんじゃないかという意見をもらって、最終的にお休みという形に着地したとのこと。

なので、決して「解散をする」ということではなく、あくまでお休み期間であるということ。

まさに、大野君は夏休みに入るってことでしょうね。

また記者会見ではこんな発言も。

記者「英気を養ったらまた世界に”嵐”を巻き起こすんでしょうか?」

 

相葉雅紀「まだ巻き起こせてないと思うので、リーダーが同じ方向に向いたときには”巻き起こす”でいいんだよね?」

 

大野君「巻き起こしちゃいますか」

 

櫻井翔の今後

継続

嵐はこの5人じゃないと嵐じゃない

この5人じゃないと嵐は作れない

 

 

二ノ宮の今後

記者会見での「僕ら4人も休むので」発言

この言葉の意味が「僕らも自由な生活をする」のか「”嵐”を休む」ということなのかわかりませんが、ちょっとこの発言は気になりました。

「嵐は民主主義で一人でもやりたくない人がいたら徹底的に話し合って一緒の方向を向く。」つまり、みんな同じ行動をする・・・ということは前者の意味ともとらえることができます。

これを機に、元アナウンサーの伊藤綾子と結婚する可能性も考えられますね。

 

相葉雅紀の今後

一般女性との結婚を強く望んでいる⇒これを機に結婚か?

 

松本潤の今後

活動休止を機に、井上真央との結婚か?!

 

事務所との契約はどうするの?

継続になる可能性の方が高い

嵐レベルの影響力になると、事務所に所属していなくても正直どんなところからでも仕事はきます。

むしろ、事務所に所属していることでかなり収益は搾取されているでしょう。

まぁドライに表面的に見たら事務所ってそういうものなんで、その善悪については語りません。

 

いくら収益が搾取されても、嵐のメンバーは「事務所にお世話になった」「事務所に所属していなかったら嵐はここまで大きくならなかった」ととらえています。

そこは人間と人間なので最終的にどうするのかはわかりませんが、嵐のメンバーには「事務所にはお世話になった」という気持ちがあるので、それも鑑みると今後も”継続”という予想がつきます。

ですが、あのSMAPも事務所と契約を切ったので・・・・正直契約を切ることも全然あり得ますよね。

まぁいろいろ総合的に考えても、このご時世事務所とは契約きった方が良いと思いますけどね。

 

まとめ

というわけで今回は、嵐の今後の活動がどうなるのかということについてまとめてみました!

いかがでしたでしょうか。

アイドルも働きすぎ

なんかこれに尽きるような気がします。

「人気商売だからいいじゃん。金持ってるんだからいいいじゃん。」とか思う人もいると思いますが、それは何も考えていない短絡的な発言ですよね。

 

そもそも、嵐クラスのアイドルがテレビをやめて独自のメディアを持ったら、多分収益は10倍に跳ね上がってもおかしくないと思います。

「ジャニーズ事務所としては稼ぎ頭の嵐が立て続けに結婚するというのを許すわけにもいかず」とかいう文章を見かけましたが、それも違いますよね。

嵐がやめるのは嵐の静ではなく、ただの事務所の自己責任です。

事務所は人気を集めるグループあってのもの。そのグループを正しくマネジメントして「事務所最高!」って状態にしてやれなかった事務所の責任です。

それなのにもかかわらず、「辞めるのは許さない」ってのはただの事務所のワガママですよね?

確かに、契約など法的な拘束力を持っているとかならそれは仕方がないこと。なぜなら日本は法治国家だから。

まして、嵐は何十年も続いて、ずーっと休みなく活動して、30後半になって、やめる要素は腐るほどあります。

それでもやめなかったのは、日本人故のまじめさだとか今までお世話になったという”情”みたいなもののせいでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です