【エヴァンゲリオン】N2地雷とはどんな兵器?どれくらいの威力を持っているの?

エヴァンゲリオンによく相乗する”N2地雷”という兵器。

N2地雷・N2爆雷・N2航空爆雷などなど・・・たくさんでてきますよね。

物語序盤に出てくる、最初に登場する使徒に対して使われるN2地雷なんかは、国連軍の切り札として使われていましたよね。

そんなめちゃくちゃ強そうなN2兵器たちって一体どんなものなんでしょうか?

というわけで今回は、エヴァンゲリオンに登場する”N2地雷”について解説をしていきたいと思います!

エヴァンゲリオンに登場する”N2地雷”ってどんな兵器?

・架空の地上最強通常兵器

 

・100万気圧で超圧縮されたポリ窒素(重合結合した窒素)を使った窒素爆弾

(100万気圧=地球のマントル上部や木星などの大気上層部の圧力と同じくらい)

このN2兵器たちは、国連軍・戦略自衛隊が保有する兵器の中で最強の通常兵器(実在しない)とされています。

劇中でも最後の切り札として扱われていましたが、使徒のATフィールドによって見事にほぼ無傷。

多少表面が誘拐しただけで、ほぼダメージゼロに終わりました。ほとんど足止めにもなりませんでしたね。

使徒に対してはゴミレベルの無能兵器。

 

ちなみに、エヴァQで綾波レイが「碇君がもう、エヴァに載らなくていいようにする・・・!」と特攻したときに持っていたのもN2爆弾。

ここからわかるのが、N2兵器が使徒に対して有効ではないのは”ATフィールドが貼られているせい”ということがわかりますね。

それをわかっていなかったら綾波レイちゃんが相当おバカさんってことになっちゃいます。(それはそれで健気でいいですが)

零号機が特攻したときに失敗したのは、あくまでゼルエルの圧倒的防御力(コアを直接覆うような防御方法を持っていた)のせいです。

ビーストモードの弐号機がATフィールドを食い破りきった後、零号機の持つN2爆弾が使徒のコアにぶつかった時、使徒のコアが一瞬で壁のようなもので覆われたことからわかります。

 

・・・・ん?ちょっと待てよ。

ということは、結局ATフィールドがあろうがなかろうが、使徒に対してN2兵器は無力ということになりますね・・・(´・ω・`)

どれくらいの威力なの?

核兵器よりも威力高いとされている

架空の兵器である以上、具体的な出力や攻撃範囲は分かりませんが、「地形が変わるほどの威力」「都市を1つカンタンに吹き飛ばす程の威力」なんていわれています。

クレーターの大きさは半径数十キロにおよび、キノコ雲もできることから、やはり核爆弾かそれ以上の威力を持っていることが想像できますね。

 

このN2兵器は、ロシアがまだソ連を名乗っていたころに「ソ連が窒素爆弾というヤバイ威力を持った兵器を開発したらしい」という情報が出回ったものの、結局そんなものなかったというオチというのが由来しています。

実在しなかったのを利用して、SF小説・アニメでいろんな設定を膨らませて使われているんですね。

 

ちなみに、このN2兵器はウルトラマンA・漫画「ハルシオンランチ」(2006年)・映画「日本沈没」(2006年)などにも登場しています。

庵野監督がエヴァンゲリオンのファンであることは、結構有名な話ですよね。

”N2”って何の略?

・N=ニュークリア(核)ではなく、窒素のN

 

・No Nuclearの頭文字

 

・Neo Nuclearの頭文字

こんなふうに、N2の名前の由来については諸説あります。

ちなみに、漫画版やプレイステーションのソフト「新世紀エヴァンゲリオン2」では、NN爆弾と表記されています。

 

まとめ

・N2兵器は架空の地上最強通常兵器

 

・ロシアのデマ情報が由来

 

・核爆弾相当の威力

 

・N2は”No Nuclear”や”Neo Nuclear”の略など諸説ある

というわけで今回は、エヴァンゲリオンに登場するN2兵器について解説をしてみました。

いかがでしたでしょうか。

他にもエヴァンゲリオンの豆知識をいくつかまとめていますので、ぜひそちらもご覧ください!

それでは^^

2 Comments

error404

庵野監督は エヴァの制作会社に勤めていたはずなので 
ファンという立ち位置ではないはずなのですが 

返信する
error404

庵野監督は エヴァの制作会社に勤めていたはずなので 
ファンという立ち位置ではないはずなのでは

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です