【実際物足りないんじゃない?】IQOSの互換スティック「ニコレス」の評判まとめ!

いろんな新製品が登場して、今まさに波が来ている加熱式たばこ。

各社が良い製品を世に出そうと、切磋琢磨していますよね。

そんな加熱式たばこのナンバーワンシェアである、IOQSの互換スティックに1つオススメな製品を見つけてしまいました!

その名もNICOLESS(ニコレス)!

ニコレス・・・・この名前から想像できるように、このスティックにはニコチンが含まれておらずさらに害が抑えられています!

と、ここで気になるのがやっぱり「吸い応え」とか「吸った感じ」ですよね。

「害がなくて、でも満足できる?そんなうまい話ないでしょ…?」

というわけで今回は、アイコスの互換スティック・ニコレスは実際どんなもんなのか、評判を交えつつまとめてみました!

IQOSの互換スティック・ニコレスってぶっちゃけどうなの?

喫煙者をずーっと悩ませる悩みの種、諸悪の根源。

それが「害がある」ということ。

ハンパじゃない害があるからタバコは問題視されているわけですよ。

(臭い問題もそうですが、それで言ったら度が過ぎたキッツイ香水も問題です)

つまり、害がなければたばこなんていくら吸っていただいても構わないわけですよ。

 

そんな諸悪の根源である、害を含んでいないというのがこのニコレス。

ニコチンを含んでいないということで「タバコを吸っているのに実質禁煙することができる」という、喫煙者からしたら夢のような製品。

しかし、いつの時代も「そんな甘い話、あるわけないじゃない」っていう思いは消えません。

「そんな都合のいい話ないでしょ~」と、結局普通にコンビニでいつものようにタバコを買う・・・・。

 

そこで、実際にこのニコレスがどんなものなのかを評判を交えつつ見ていくこととしましょう。

ニコレスの評判はどんな感じ?

総じて評判はなかなか良好

ツイッターでの感想をまとめてみました。

むせたw でもまぁなかなかのタバコ感だった。安いし禁煙考えてる人にはありかも( *´艸`)

 

ニコレスすごいな アイコスのデバイスでいけるのがすごい

 

彼氏が嬉しそうに買ってきたw タールがニコチンがとか言ってるけど。いつものより匂いがまし。

 

アイコス互換品もここまできたか。アイコスみたいにクサくもない。

 

ニコチンなし生活3日目。 以外といける今更感。。

 

ニコレスいいかもしれない。 タバコの葉の代わりに茶葉が使われているのだけど、思っていた以上に満足感がある

ふむふむ・・・全体的に、なかなか好印象のようですね。

結構驚くほど違和感がないような雰囲気が感じられますね。

【在庫ある?】IQOS(アイコス)の互換スティック「ニコレス」は楽天で買えるの?

ニコレスに対するメリット・デメリットの総括

【メリット】

 

・体へのダメージをそこそこカットできる

 

・タバコを吸っているのに実質喫煙できる

 

・安い(1箱税込378円)

 

・吸い応えはある

 

・満足感もある

 

・臭いも抑えられる

 

・ヘヴィな喫煙習慣の人じゃなければニコレスでも満足できる

 

【デメリット】

 

・そもそも加熱式たばこが無理な人にとっては意味のない製品

 

・ヘヴィスモーカー

 

・結局物足りなくて本数が増えてしまう(本数が増える=出費がUP)

 

ただもちろん中には、マズいという意見を持つ人もいるということも忘れてはいけません。

なのでやっぱり最終的には、実際に味わってみるしかないという結論に至りますね。

今だったら、アマゾンにて3箱(約1000円ほど)から購入できるので、お試しで買ってみるのもいいかもしれませんね。

とはいえ「ニコレス」過信してはいけない

「ニコレスだから害が一切ない」という勘違いをしてはいけない

というのも、加熱式たばこってのはそもそも「”今のところ”害はない」んです。

どういうことかといいますと、今たばこ業界が言っている「害がない」というのは「”今のところ”人体に有毒とされる物質は検出されていない」というだけのことなんです。

どうしても新しいものの検証・研究には少々長い年月を要します。

なので、後々になって「実はこんなやべぇ害がありました!サーセン!」みたいなことが起こりうる可能性を秘めているということを忘れてはいけません。

「ニコレスだからタバコ吸ってもいいんだ!」という意識は、ちょっと間違いだということは忘れてはいけませんね。

何にせよ、身体にとって不要なものはなるべく摂取しないというのが一番ですからね。

 

まとめ

ニコレス、これはなかなかイイぞ

というわけで今回は、アイコスの互換スティック「ニコレス」の評判についてまとめてみました!

いかがでしたでしょうか。

 

こういうクオリティの高い製品が開発されているところをみると、世界的にタバコを駆逐しようとしている流れが加速してるのがわかります。

マリファナが合法化されてきている流れもあって余計でしょう。

実際、科学的にマリファナよりタバコの方がよっぽど害があることが証明されていますしね。

果たして、たばこ産業はいつまでもつのでしょうか?

案外2030年とかには、息絶えていたりするかもしれませんね。

それでは^^

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です