【ブスすぎ?】伊藤美誠の性格が悪くて生意気だと言われる理由はこの4つ!

中国との過激な競り合いを見せている世界卓球。

そんな中でも、今かなり注目されている選手といったら伊藤美誠選手

得意技の「みまパンチ」で、中国キラーとも呼ばれ程のものすごい実力で日本の卓球界を活気づけていますね。

そんな伊藤美誠選手ですが、どういったわけか性格が悪いという噂が流れているようです。

いつの時代でも、どの業界でも、輝いている人っていうのは妬まれるもの。

果たして、伊藤美誠選手の性格が悪いし生意気だといわれる理由は一体何なのでしょうか?そして、実際に性格が悪くて生意気なのでしょうか?

というわけで今回は、伊藤美誠さんの性格が悪いといわれる理由について大まかに4つまとめてみました!

【ブスすぎ?】伊藤美誠の性格が悪くて生意気だと言われる理由はこの4つ!

といった具合に、なかなかの風評被害っぷりですw

一体どうして、ここまで性格が悪いといわれてしまうのでしょうか。

そして、性格が悪いのは本当なのでしょうか?

 

理由①「顔がブスすぎるから」

伊藤美誠選手は「顔が大きい」とよくいわれますね。

そんな理由からも「ブスすぎwww」なんて叩かれることがあるようです。

確かに頬周りの筋肉が大きめで、全体的に顔が大きく見えますね。

そのブスすぎる顔が気に食わないから性格も悪そうに見えてしまう、といった理由が考えられますね。

 

人間、嫌になった人はその人の全部を嫌いに感じるものですから、まぁしょうがないっちゃしょうがない。

顔の美醜も、人それぞれ判断基準が違うので仕方ないことでしょう。

でも、「顔がデカい・ブサイク=性格も悪い」は、少々横暴すぎる気がしますw

 

理由②「しゃべり方」

動画「アスリートの魂~伊藤美誠~」

動画内で伊藤美誠選手がしゃべっているところを抜粋しました。(以下再生時間)

2:26~
4:29~
6:33~
37:07~

動画からは、かなり強気な性格なのがうかがえますよね。

性格が悪いというよりも、気に食わない・鼻につく、といったイメージでしょうか。

個人的には、明るくて裏表がなくサバサバした印象を受けました。

 

この動画でも、伊藤美誠選手の顔がうかがえますね。

動画『フィギュアスケートの本田真凛選手と仲良し』

 

理由③「生意気だと思われてしまうような発言」

試合後の記者会見で放った発言が、「生意気だなコイツ」と思わせる理由の一つと考えられます。

その発言はこんな感じ・

「先輩二人に手ぶらで帰らせるわけにはいかない」

「丁寧(中国選手)は対応力が弱い。頑張れ。」

確かに字面だけで見ると、確かに生意気たなぁと思わなくもないですが、そんなもの捉え方次第ですよね。

世界で活躍できている選手、

自分と同じように、努力して努力して上り詰めた選手に見下せるような発言ができるでしょうか?

普通の人間だったら、まずそんなことできません。

普通に考えたらわかることです。

理由④「生意気だと思われてしまうような態度」

先ほどの動画では、「楽しいのが最優先」「まずは楽しいと感じるところから」「自由にできる所が良い」といった発言がありました。

こういった態度からも、生意気ととらえられなくもないですね。

確かに日本人の「楽しむのは悪いこと」「自由なのは悪いこと」というような謎の価値観とズレているので、批判されるのもわかります。

でも冷静に考えてみると、そういうスタイルでやってきて世界で争えるレベルの選手になったのは事実です。そこにとやかく言うのは「???」と思ってしまいますね。

これで実力がなければ「何言ってんだコイツ」となるのはごもっともですが、彼女は世界レベルの実力者です。

実績ある者に文句を言っても、おそらく本人は何とも思っていないでしょう。

伊藤美誠は本当に性格が悪いの?

当然ですが、直接話したこともなければ、本当のプライベートを見たこともないので真実は分かりません。

しかし、彼女の実力と、もろもろの情報を総合して判断すると、「好みがわかれる性格」というような気がします。

人間、自分が共感できるものに惹かれるものです。

世界で戦う選手ともなると、やはり一般人の共感できない尖った一面も出てきます。

多分そういった意味で、敵を作りやすい性格なのかもしれませんね。

しかし、その性格・メンタルが世界で戦っていける理由の裏付けなのかもしれませんね。

 

対して伊藤美誠選手の意志


うん、素晴らしいですね。

若くして、素晴らしいメンタルの持ち主です。

これは世界で活躍しているのにもうなずけます。

 

まとめ

仮に性格が悪いから何なんでしょうかね?

伊藤美誠選手の性格が悪いことによって、何か私生活を脅かされているのでしょうか?

 

なんにせよ、これからもガンガン活躍して日本の卓球界を牽引していく存在になっていただきたいですね。

応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です