【なぜ庵野秀明?】風立ちぬの声優が下手すぎてひどい3つの理由!

ジブリの名作『風立ちぬ』。

戦闘機という男のロマンがあったり、堀越二郎と菜緒子の2人はどうなってしまうのかハラハラしたり。

そんな風立ちぬですが・・・間違いなくアナタはこう思ったでしょう。

「え?なんか主人公の声、下手くそじゃね・・・?」

そう・・・風立ちぬのイマイチだといわれる要素の一つに、主人公・堀越二郎の声優が庵野秀明監督で、しかも割とひどいという点があるんですね。

というわけで今回は、堀越二郎の声優がひどい理由、そしてなぜ庵野秀明監督が声優をやっているのか、その理由について調査をしてみました!

【なぜ庵野秀明?】風立ちぬの声優がひどいのは3つの理由があった!

1:そもそもジブリはプロ声優を起用しない傾向にある

 

2:堀越二郎の声優は庵野監督(素人声優)

 

3:堀越二郎=庵野秀明監督

1:そもそもジブリはプロ声優を起用しない傾向にある

プロの声優がいないから違和感を感じる

ジブリは古い作品を除くと、プロの声優を全然起用しないことで有名です。

プロの声優はあくまで演技をしているだけで、それでは人間っぽさ・リアルさがなくなるからだそうです。

確かにアニメには、振り返るときに「んっ」とか声を発したり、現実ではあり得ないリアクション・声のトーンが使われます。(というかそれがアニメというものです)

宮崎駿監督はこの手の”演技”を嫌いっており、「アニメーションを作っているのではなく、あくまでも”映画”を作っている」と考えて作品を作っているので、アニメの様式美のような演出をわざとらしい”演技”と思っています。

「耳をすませば」の雫のお父さんも棒読み過ぎて話題になりましたが、それも同じく「声優の演技ではない、リアルな”お父さん”の声」が欲しいが故の人選なんですね。

「風立ちぬ」に至っても同じくプロの声優が起用されていないがために、「あれ?なんか声優下手くそじゃね?」という感想が出やすいのです。

2:堀越二郎の声優は庵野監督(素人声優)

堀越二郎の声優・庵野秀明監督は素人

恐らくですが、世間の言う「声優が下手くそ」という感想はもはや「堀越二郎の声が棒読みすぎて酷い」という意味だと思いますw

有名な話なのでご存知の方の方が多いかとは思いますが・・・まず堀越二郎の声優は、あのエヴァンゲリヲンでお馴染みの庵野秀明監督であり、言ってしまえば演技を知らないズブの素人です。

そりゃ確かに、ズブの素人が映画に出て人から金を取るってんですから、怒る人がいるのもまぁ100歩譲ったらわからなくはないですw

 

元々庵野監督はスタジオジブリのアニメータとして過ごした時期があり、その期間を経て宮崎駿監督と師弟のような関係になりました。

初めて庵野監督が宮崎駿監督のもとにやってきた時、「まるでテロリストのような雰囲気だった」と語っているのが有名な話ですw

両監督の関係は今の今までずっと長く続いており、それが庵野監督起用の一因にもなったんですね。

 

ここで出てくる「え?どうして庵野監督なの?いくらなんでも、まだマシな人いたでしょ。もしかしてただのコネ?おふざけ?」って疑問ですよね。

3:堀越二郎=庵野秀明監督

宮崎駿監督が「堀越二郎は庵野監督のようだと解釈したから」だそうです。

これは「宮崎駿監督の感覚で似てる感じ」というわけではなく、実際とても似ているそうなんです。

堀越二郎モデルとなった史実上の堀越二郎氏に関する過去の文献や、堀越二郎氏の親族の話を聞いたところ、「感情を表に表すことが少なく、ボソボソと棒読みのように話す人物だった。」とのこと。

それにプラスして、堀越二郎の「非人間的な天才感」を出すためには、声を演じる本人にも同じ雰囲気がなくてはいけないという理由もありました。

 

で、声優を選定しているときに鈴木プロデューサーが「庵野はどうですかね?」という鶴の一声を発します。宮崎駿監督はノリノリの様子で、実際にやらせてみたところトントン拍子で庵野監督に決まったそうですw

庵野監督も実は被害者なんですねwなので、あまり庵野監督を責めてあげないでくださいw

「棒読みクソ大根ボイス」に対する世間の声

本当に賛否両論

まぁそりゃそうですよねw”賛”の意見も”否”の意見も、どっちの気持ちも理解できます。

中には「むしろ声よりも”効果音”の方が気持ち悪い」という方も多いようですね。

まぁそれもそうです。だって実際に人の声で作られた音なんですからね。

【風立ちぬ】効果音が気持ち悪いのはなぜ?人の声や口で作られたってマジ?

この庵野秀明監督の起用を「ただの宮崎駿監督(老害)による自己満足」と評価する人もいれば、「宮崎駿監督・ジブリ作品だからこその演出だなぁ」と評価する人もいます。

確かに見る人によって印象がかわりますよねぇ。

ちなみに僕は”賛”派の人間で、むしろ堀越二郎の声=庵野監督の声というイメージがついて愛着がわきました。

これも「ジブリ」というブランドの効果なんでしょうか。

僕も、もし仮に「風立ちぬ」がジブリじゃなくて、まったく知らない人が作った映画だったら「いやいや、今時消費者のニーズに応えない映画を作るとかただの自己満足じゃんwオ〇ニー乙www」と思わない自信がありません。

ブランドの力を垣間見ました。切実に。

まとめ

・そもそもジブリはプロ声優を起用しない傾向にある

 

・堀越二郎の声優は庵野監督(素人声優)

 

・堀越二郎=庵野秀明監督

というわけで今回は、風立ちぬの声優が棒読み過ぎて酷い理由について解説をしてみました。

いかがでしたでしょうか。

他にもジブリについての豆知識をまとめていますので、ぜひそちらもご覧下さい!

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です