【謝罪の王様】エンディングに出てくるラッパーは誰?なぜ出てくるの?w

「あまちゃん」の大ヒットでその名を知らしめた、クドカンこと宮藤官九郎の映画「謝罪の王様」。

阿部サダヲが主演を務める、クロカンワールド満載のコメディ映画。

10月19日には金曜ロードShowで地上波初放送ですね!

そんな謝罪の王様の特筆すべき点と言ったら、なんといってもそのエンディング!

E-Girlsを始め、EXILEのMATSUさんやNAOTOさんがパフォーマンスを繰り広げるという豪華なエンドムービーになっていますよね!

そしてそこで1つ気になるのが、そこに突然登場するサングラスをかけたラッパー。

いったい彼は誰なのでしょうか?

そして、なぜエンディングで急に登場するのでしょうかw

というわけで今回は、映画謝罪の王様のエンディングに出てくるラッパーが誰なのか調査をしてみたいと思います!

エンディングのラッパーは一体誰?!

エンディングのらラッパーは「VERBAL」

なんとなんと、登場しているのはあの世界的に有名なVERBALさんじゃありませんか!!!

EXILEの面々にE-Girls、それに加えてVERBALさんですか・・・・ちょっと豪華すぎやしませんかね?!

 

では、軽く彼のプロフィールを置いておきますね。


本名:リュウ・ヨンギ

 

生年月日:1975年8月21日

 

現職:DJ・音楽プロデューサー・デザイナー

 

前職:米国証券会社

 

出身地:東京

 

血液型:B型

 

国籍:韓国

 

趣味:ショッピング・紅茶・サングラス・時計

VERBALさんが結成したPKCZといえば、三代目J Soul Brothersとのコラボが有名ですよね!

う~ん、かっこいい・・・( ^ω^)

 

 

なんでVERBALが登場するの?

でも、どうして「謝罪の王様」なんてタイトルの映画にVERBALさんが・・・?

と思ったら、なんとVERBALさんはLDHの国際事業プロデューサーなんですね!

(※LDH=EXILEやE-Grilsの所属する事務所)

きっとLDHファンからしたら、「イヤイヤ、何を当たり前のことを言っちゃってるの?w」と言われそうですが。

 

コチラの記事でも書きましたが、この映画の最終目的は「究極のエンターテイメント」とされています。

そして、VERBALさんも出演するエンディングは「究極を目指すためのラストピース」としています。

その目的のために最高のアクターを招集したというわけですね。

 

そう考えるとこの豪華さも納得ですが・・・・しかし豪華だ。

 

まとめ

というわけで今回は、映画謝罪の王様のエンディングに登場するラッパーについて調査をしてみました!

いかがでしたでしょうか。

いやぁ、まさかVERBALさんだったとは・・・・

冷静に考えたら、エンディングめちゃくちゃ豪華すぎませんかね?w

一体どれだけお金をかけたのでしょうか・・・気になっちゃいますね。

 

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です