【無理は禁物】ライブ(フェス)当日に風邪ひいちゃった!熱が出てても行っても大丈夫?

朝起きたらなんか体がだるい…ふらふらする…頭が痛い…

いや、あり得ない。そんなわけない。そう思いながら体温を計ってみると…

「・・・やっちまった」

そう、アナタは楽しみにしていたライブ当日にうっかり風邪をひいてしまった。

果たしてライブがあるのに風邪をひいてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

チケットの返金は?マスクを着けてでも行けない?まさか風邪をひくとは思っていなかったから、どうしたらいいのかテンパっていることでしょう。

というわけで今回は、楽しみな楽しみなライブがあるのにうっかり風邪をひいてしまったアナタに、いくつか使える情報をお届けしていきたいと思います!

【対処法】ライブあるのに風邪ひいちゃった!熱が出てても行っても大丈夫?

熱,風邪,体温計

「無理をしない・あきらめる」がベターな選択

結論としては、風邪の具合によるよりますが、基本的には「無理をしない」というのがベターです。

もちろんインフルエンザ等の感染の可能性がある病気の場合は、絶対に行ってはいけません。

例えば仮に無理をしてライブ・フェスに参加したとして、倒れてしまって救急車を呼ぶ羽目になってしまっては、周囲にも迷惑が掛かりますし自分の体にとってもよろしくないですよね。

 

しかも、ライブに参加している最中は当然アドレナリンがガンガン出ることになりますよね。痛みだったり体の不調に気づきにくい状態になってしまいます。

テンションが上がって、いざライブが終わって帰ろうってときに「あれ?なんかめまいが…」なんて気づいたころには時すでに遅し。気絶して病院に搬送、なんてこともない話ではありません。

モッシュ・ダイブ・ウォールオブデスの最中なんかにフッと気絶してしまったらもう大変。下手すりゃ死にますw

非常に残念ですが…まだきっと機会はあります。

 

・・・とはいえ

「それでも…ライブに行きたいんや…!」

ずっとこの日を楽しみにしていた気持ち…よーくわかります。

そんな諦められないアナタのために、風邪をひいて熱を出してしまった状態で行く場合の注意点をピックアップしていきたいと思います。

先ほども言ったように決して無理は禁物ですが、『自己責任で周りに迷惑をかけないという前提なら、行ってもいい』というのが一般論かと思われます。

実際、行くという判断をする人は少なくありません。

【SNS投稿張り付け】

【注意点】もし行く場合はココに気をつけよう!

もしも風邪をひいて熱がある状態でライブに望む場合に気をつけていただきたいことをピックアップしてみました。

・水分補給

 

・体温調整のしやすい服装

 

・薬は必ず持っていこう(副作用に注意)

 

・本格的に体調がヤバくなったら途中であきらめる勇気

 

・臨時の宿泊施設のチェック

 

・緊急連絡先の確保

 

・ヘッドバンギングのし過ぎに注意

 

・フェス終了後日、反動で動けなくなる可能性を考えてスケジュールを開けておく

念のためもう一度言っておきますが、普通に決して無理はしないでくださいね。最悪命にかかわることなのであくまで自己責任でお願いいたします。

【大丈夫】ちなみにマスクを着けても行ってOK?

全然OK。むしろ咳・鼻水が出る場合は積極的に着けましょう。

ライブ・フェスにマスクを着けて参加…ちょっと違和感があるんじゃ?って思いますよね。マナー違反になる?みたいに思うのもわかります。

しかし、それに関しては全くもって問題ありません。むしろ着けている方がエチケットとして正しいです。

ライブともなるとどうしても人と人の物理的距離も近くなりますし、マスクをつけずにゴホゴホ咳してる人がいたら嫌だと思うのは当然っちゃ当然です。

さすがにずーっとつけてると苦しくて酸欠になりかねませんので、咳が出ないのであれば適度に外して調節しましょう。

咳が止まらなくなってしまったら、周囲に迷惑をかけてしまうので勇気をもって諦めて退場しましょう。

チケットはどうしたらいいの?

・基本的にチケットのキャンセル、返品返金は不可能

運営者や都合により中止したライブの場合は

「知人にうっちゃったら転売になってしまうんじゃ…?」と思ってしまう方、ご安心ください。

営利目的の転売でなければ、知人・友人への譲渡・売却は問題ありません。

ただ、IDチェックや本人確認が必要なライブなら、残念ですがあきらめるしかありません。

ライブで風邪を引いちゃったときのまとめ

・基本的に無理をしてはいけない。行く場合は周囲に迷惑をかけない前提で自己責任で

 

・行く際には注意を

 

・次回は体調管理に気をつけよう

というわけで今回は、ライブがあるのに風邪をひいてしまったアナタに、いくつか使えそうな情報をお届けいたしました。いかがでしたでしょうか。

健康な限り、またライブに参加することはいくらでも可能です。お金は何とかなっても、体の一度壊してしまうとなかなか治すのは難しいですからね。

身体は何よりの資本になりますので、ぜひ無理のないような判断をしていただけると幸いです。

 

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です