【ルパン三世】グッバイ・パートナーってどんな内容?あらすじやネタバレ考察してみた!

何年たっても色あせない大人気アニメ、ルパン三世。

独特の世界観と、その渋い雰囲気が何ともたまらないですよね。

そんなルパン三世が、久々の新作テレビオリジナル映画がやるそうではないですか!!

完全新作ストーリーとしては第24作「隠された空中都市」から6年ぶり!

その映画の名前は「グッバイ・パートナー」

文字通り、次元大介が裏切りを仕掛けるようですが・・・・果たしてどんな内容なのでしょうか?!

というわけで今回は、ルパン三世 グッバイ・パートナーのネタバレについて考察をしてみました!

ルパン三世を無料で視聴するならFODプレミアム!

今ならルパン三世パート5が無料で見放題!

グッバイ・パートナーのネタバレ考察!

ルパン&五エ衛門 VS 裏切り次元大介

タイトル「グッバイ・パートナー」の通り、今回の敵はルパンの”パートナー”・相棒であるである次元大介。

ルパンがついに、長年共にしてきた相棒次元大介と銃口を向け合うことになります。

次元の裏切りに、怒り燃える五エ衛門。

やっぱり気になるのは、これが茶番なのかどうかってとこですよねw

いつものパターンであれば、”とんだ茶番劇”で平和に丸く収まるヤツでしょうけど、果たして今回はどういった方向に転がるのでしょうか。

もしかしたら、ここで次元大介を殺してしまって声優を降ろして新しい人にバトンタッチする・・・・なんて思惑があるのかもしれません。

今回の脚本をかいたのは、「アンフェア」のドラマ・映画の原作をかいた秦建日子さんということで、あっとおどろく仕掛けを仕込んでくれていることが期待できますね!

ルパンと次元が着るジャケットの色がキーか?

個人的に気になったのが、ルパンと次元大介のジャケットの色。

ルパン三世のジャケットは、シリーズが変わるたびに緑⇒赤⇒ピンク⇒青と移り変わってきました。

それが今回は・・・黒。次元は緑。

黒と言ったら、「死」とか「悪」とかマイナスなイメージを受けますよね。

まさか今回で次元大介は死んでしまうのでしょうか・・・?!

次元の着るジャケットの緑は、ルパンが最初に着ていた色です。

深読みのし過ぎでしょうか・・・・しかし、今までのジャケットの色がとても鮮やかだっただけあって、ちょっと引っ掛かりますよね。

 

予告を見てみると、赤いジャケットを着ています。

うーん、物語中盤から装いを変えるのでしょうか・・・。

そこにも注目ですね!

 

あともう一つ気になる点がありました。

それが次元大介の銃。

次元大介の銃がいつと違う

次元大介と言ったら、リボルバー式「S&W M19コンバット・マグナム」ですよね。

ところが今回は・・・・

あれれ?!シグザウエル P229になっています。

 

銃に書かれた名前が、小学生が書いた絵みたいですね(なんて言ったら怒られそうですがw)

次元がオートマチック拳銃を使っているとなんだか違和感がありますよね。

この「次元大介がオートマチック拳銃を使っていること」に違和感を覚えました。

 

次元大介がそもそもなぜ現代の主流火器であるオートマチックを使わずに、リボルバーを使っているのか。

それは、オートマチックよりもリボルバーが好きという理由や、殺し屋家業をやっていてリボルバー式の拳銃に慣れているという理由があります。

殺し屋はむやみやたらに銃を乱射するのではなく、一発で確実に相手を葬ることを最高のパターンとしています。スマートですね。

 

ところが、そんな次元が「グッバイ・パートナー」で使う拳銃は、オートマチックのP226。

次元だって長年付き合ってきたルパンを裏切るとなると、そんな簡単な心境ではないはず。

命を奪う仕事道具である拳銃、適当なものを選ぶわけがありません。ましてそれが今まで相棒だったルパンへ向ける銃ならなおさら。

自分の手で葬るのであるなら、今まで使ってきた愛銃M19で葬ると考えるはず・・・。

つまり、それがP229になっているということは、「殺す気がない」という次元の意思を暗示しているのでは?

「これは茶番だぜ」というふうにも捉えられないでしょうか。

 

「深読みのし過ぎかなぁ、たまたまかなぁ」とも思いましたが、P299とS&W M19の弾薬は両銃同じく「.357弾」を使う拳銃です。

これは偶然の一致ではなく、意図的にP229にしたことがわかります。

さすがに製作者人も素人ではありませんから、「次元にはなんとなくオートマチックを持たせよう」なんて設定を無視したようなことをやることは考えにくいです。

 

グッバイパートナーのあらすじ

ルパンと共謀した容疑で銭形警部に逮捕状が出される。

ルパンはそれを受けて、テレビに出演し誤解だと訴えるが、特別なダイヤモンド「タイムクリスタル」を盗むはめに。

そのダイヤは世界征服を可能にするスーパーコンピューター「エミルカ」を起動するために必要なものだった。

見事成功するがここで、次元が裏切り。そのタイムクリスタルを盗まれる。

一方そのころ、ロンドンでは、ショパンコンクール最有力優勝候補のアリサが誘拐される。

 

ということで、次元大介の裏切り・ピアニストの少女失踪・銭形警部の逮捕などなど・・・・

全体的になかなかショッキングな要素が盛り込まれていますね。

この物語を最後をどう落とすのか・・・放送が非常に楽しみですね!

まとめ

というわけで今回は、ルパン三世の新作テレビスペシャル映画「グッバイ・パートナー」のネタバレを考察してみました!

いかがでしたでしょうか。

そのほかにもルパン三世についての情報をまとめていますので、ぜひそちらもご覧ください!

それでは^^

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です