【考察】ルパンvs複製人間のルパンが言う「俺は、夢、盗まれたからな」の意味とは?

不朽の名作「ルパン三世」。

ルパン三世と言ったら、なんといってもイカした渋いセリフ回しですよね。

特にルパンvs複製人間には気になるセリフがあります。

「俺は、夢、盗まれたからな」

このセリフ、アナタはどういう意味なのかわかりましたか?

というわけで今回は、ルパンの「俺は、夢、盗まれたからな」というセリフの”夢”について考察をしてみました!

【考察】ルパンvs複製人間のルパンが言う「俺は、夢、盗まれたからな」の意味とは?

ルパンの夢=「自分がルパン三世である」という事実

結論から言ってしまうと・・・ルパンの言う夢とは自分自身のことなのです。

世紀の大怪盗・アルセーヌルパンの孫であるルパン三世。

欲しいものはあらゆる手を使って手に入れてしまうルパンにとって、いわゆる”夢”というものはありません。

その裏付けとして、マモーによって頭の中を覗かれたときにルパンの頭の中は女・女・不二子・女だらけで、夢はありませんでした。ひたすらに煩悩まみれ。

欲しいもの、つまり夢はすべて自分の力で手にしているから夢はないんです。

これはすなわち、自分がルパン三世であること=夢そのものと解釈することができます。

 

しかし物語中盤あたりで、マモーに「お前は本当に本物のルパン三世か?クローンかもしれないぞ?」と脅されます。

一見脅しのようには思えませんが、上記の「自分がルパン三世であること=夢そのもの」という前提がある場合、ルパンにとって十分な脅しになります。

なぜなら、もし自分がクローン(偽物)だったら夢もなくなってしまうことになるからです。

「自分がルパン三世ではないのかもしれない…」という疑念をマモーによって植え付けられたことを、ルパンは「夢を盗まれた」という表現をしたんですね。

 

つまり・・・「俺が俺である事実を盗まれた。俺が本物のルパンだということを証明するために、真実を取り返しに行かにゃあ」ってことですね。

参考サイト:「第21回 『マモー編』の大問題。ルパンの“夢”とは」http://www.style.fm/as/05_column/animesama21.shtml

ちなみに・・・

次元「行くな!ルパン!」

 

ルパン「俺は夢を盗まれたからな。取り返さにゃ」

 

次元「夢ってのは、女のことか?」

 

ルパン「実際クラシックだよ、お前ってやつぁ」

という掛け合いの、次元に向かって言った「実際クラシックだよ、お前ってやつぁ」というセリフの考察についてはこちらの記事でまとめています。

【考察】ルパンvs複製人間「実際クラシックだよ、お前ってやつは」ってどういう意味?

まとめ

ルパンの夢=「自分がルパン三世である」という事実

というわけで今回は、ルパンvs複製人間の名セリフ「俺は、夢、盗まれたからな。取り返しに行かにゃあ」の意味について考察をしてみました。

いかがでしたでしょうか。

ちょっとわかりずらくて難しいですが、そこがまた深くて渋いですよね。やっぱりルパンはカッコイイ。

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です