【トラウマ】ルパンvs複製人間でマモーの脳みそは結局最後どうなるの?

不朽の名作「ルパン三世」。

ルパンvs複製人間はいろんな意味で攻めた映画ですよね。何とも時代を感じさせる作品です。

とくにマモーの不気味な見た目、巨大な脳みそ、変態的な不二子への執着、最後の焼死シーン・・・まぁいろいろとトラウマ要素があるわけです。

というわけで今回は、結局マモーの脳みそは最後どうなってしまうのかを調査してみました!

【トラウマ】ルパンvs複製人間でマモーの脳みそは最後どうなるの?

爆発して無事死亡

トラウマ級巨大脳みそ・マモー本体。

結果的に「神になる」とか中二病的なことぬかしながら、地球全てをぶっ壊すスイッチをポチり宇宙へと飛翔します。

しかしルパンの手によって爆破されます。

そこでルパンの名言「マモー感謝しな。やっと死ねたんだ」が登場。

別に大人になった今見ても特に何とも思いませんが、あの脳みそを小さいころに見た時は衝撃を受けたものです。

マモーは放送禁止・・・なの?

正確に言うとマモーの発言が放送禁止

ルパンとマモーが初めて会うシーンでマモーは「ここは精神病院でもなければ仮装パーティでもない」と発言します。

どうやらこの「精神病院」というワードが差別的ってことで放送コードに引っかかっている表現のようです。

ちなみにこれだけでなく、他にも放送禁止用語だったりカットされたシーンが結構あるんですよね。

【カット祭り】ルパンvs複製人間の放送禁止用語まとめ!放送コードに引っかかる表現だらけ!

まとめ

・ルパンの手によってマモーは無事死亡

 

・マモーの「精神病院」発言は放送禁止用語

というわけで今回は、マモーの脳みそは結局最後どうなってしまうのか調査をしてみました。

いかがでしたでしょうか。

他にもルパンvs複製人間やそのほかの映画についてもまとめていますので、ぜひそちらもご覧ください!

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です