【2018年現在】ローラが消えた理由は?干されたことが嬉しいとの声も

誰にでもため口を使うその天然お茶目キャラでおなじみのローラさん。

一時めっきりテレビで姿を見なくなりましたよね。

テレビ業界から干された噂や、消えた理由がいろいろと噂されていました。

最近では、CMで人魚を演じるなど、復活の兆しが見えていたりもしています。

というわけで今回は、ローラさんがテレビ業界から干されて消えた理由について調査をしてみたいと思います!

果たしてローラさんは2018年現在、どんな活動をしているのでしょうか?

ネットの「ローラが干されて嬉しい」という声についてもフォーカスを当ててみたいと思います!

ローラがテレビから消えた理由「アメリカで成功を収めるため」

アメリカで成功するために日本での仕事を自主的に断っていた

2018年現在のバラエティ番組のレギュラー本数は0本。

これはローラさん自らが出演を断ったためです。

つまり、「テレビ業界から干された」というのは間違った表現になりますね。

ではなぜ自らテレビでの仕事を断ったのかといいますと、メリカで成功を収めるためだとされています。

 

というのも、ローラさんは日本で活躍しているうちに「日本でのモデル活動やバラエティ番組への出演がやりたいことだったのだろうか?」と考えるようになったそうなんです。

夢と現実とのギャップに悩んでいたんですね。

その結果、アメリカでの成功を収めるために日本での仕事を減らしてアメリカへ拠点を移す、という選択をしました。

だから、日本でローラさんを目にする機会が減ったんですね。

 

所属事務所「LIBERA」とのトラブルのせいで干された説

2017年にローラが事務所から独立をしたいと申し出るも、事務所側は「10年の契約期間満了の3か月前までに申し出をして、なおかつ事務所の了承がなければやめることはできない」と伝え、ローラの独立を拒否したことによるトラブルが発生しました。

一部報道では、このツイートが所属事務所の社長A氏に向けられたものだ、ともされていますが真偽は不明です。

このトラブルもあってテレビ業界を干されたという説もありますが、すでに和解をしているようです。

 

ダレノガレ明美が推され始めたワケ

ローラさんは、彼女が所属する事務所にとって、看板と言える存在でした。

それ相応の数字を取ることができ、とても影響力が高く広告塔としてとても優秀な人材だったと言えます。

そのローラさんが事務所と契約を破棄したことで、事務所への経済的影響が出ることも想像に難くはありません。

そうなってくると代役と言うと変かもしれませんが、2番目に人気であるダレノガレ明美さんがプッシュされてくるわけですね。

最近ダレノガレさんがバラエティなどで活躍し始めたのは、そういった関係があるのではないかともいわれています。

 

アメリカに進出し、活動の拠点をロサンゼルスに移した

2017年秋、ローラさんは本格的にアメリカで活動するために、ロサンゼルスに3億円の自宅を購入し活動の拠点としました。

この3億円の豪邸を購入したことについても、世間の反感を買っているようですね。わからなくはないですが。

そんなこんなで、ハリウッド映画「バイオハザード ザ:ファイナル」にチョイ役ですが出演。

そこからハリウッドでの活動が始まるかと思いきや、新たな映画出演などもなく特に話題にならず。

 

アメリカ進出は失敗していた?!

活動の拠点をアメリカへと移したローラさん。

ところが2018年現在では、日本の有名ファッション誌「ViVi」の表紙を飾るなど、日本でもしばしば見かける機会が増えてきたように思います。

しかし、こんなツイートをしています。

 

動物愛護団体のイベントに出席したとき「助けた犬や猫を『都内の自宅』で飼っている」といったらしい。

(参考サイト:https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180529/Myjitsu_052652.html)

んーこれだけではアメリカ進出

ローラさんの財力がどれほどかはわかりませんが、ロサンゼルスに3億の豪邸を購入できるほどの資産を持っているのなら、一般人が思う「都内の自宅で”自分で”飼ってる」という意味では無いような気がします。

自宅を飼育場所として、愛護団体の人を使って飼育をしているみたいな

 

とはいえ、確かにアメリカで成功しているような様子がイマイチ見て取れないのも事実。

バイオハザードの映画に出演したっきり、

一般人の観点から見たら十分に成功を収めているといってもいいと思いますが、「ロサンゼルスで成功を収める」という基準で考えた時、ローラさんはまだ成功していない可能性が高いのかもしれませんね。

とはいえ、諦めなければまだ失敗とは言えませんね。

 

2018年春、すでに活動の拠点を日本に戻す準備をしていた

ローラさん本人も、どうやら日本の方が確実にお金になるということを自覚していたようで、2018年春にはすでにロサンゼルスにある3億の豪邸は売り払っていたそうです。

やはりアメリカはそんな簡単に成功させてくれるような甘い土地ではなかった、ということなのでしょうかね。

日本のCMへの復帰も見かけますし、復活の可能性が高いですね。

「干されて嬉しい」との声も

こんな言葉が出てきちゃうくらい、ローラがテレビから消えたことによって喜んでいる人もいるようです。

まぁ、いつの時代も美女ってのは妬まれるものです。

一時、三代目J Soul Brothersの登坂武臣さんとの熱愛が噂されたことも影響しているかもしれませんね。

三代目J Soul Brothersのコアなファンは相当怒りとショックに震えたでしょうね。

妬まれるのも当然っちゃ当然かもしれませんね。

 

まとめ

というわけで今回は、ローラさんが日本のテレビ業界から消えた理由についてまとめてみました!

いかがでしたでしょうか。

きっとまだ、ローラさんはアメリカでハリウッド女優としての成功を収めるという夢をあきらめてはいないでしょう。

日本での活動にも力を入れつつ自分の幅を広げて、ハリウッドへチャレンジしていくことでしょう。

今後の活動に期待ですね!

 

それでは^^

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です