【映画プレデターズ】日本人ヤクザであるハンゾー役の俳優は誰?国籍を調査してみた!

世界的に大人気の映画プレデターズ。

いろいろとシリーズ化されているほど、「プレデター」というネームブランドはものすごい力を持っていますよね。

そこで気になるのが、日本人ヤクザであるハンゾー。

どう見ても、完全に見た目が日本人ですよね。笑

本当に日本人なのでしょうか?国籍が気になるところです。

というわけで今回は、映画プレデターズの日本人ヤクザハンゾー役の俳優が誰なのかを調査してみたいと思います!

日本人ヤクザ・ハンゾー役の俳優は誰?

https://gigazine.net/news/20100108_predators_interview/

ルイ・オザワ・チャンチェン(通称:ルイ・オザワ)

※松本人志さんでも小栗旬さんでもありません笑

アメリカ合衆国の俳優

 

生年月日:1976年10月11日(2018年現在41歳)

 

出生地:ニューヨーク(ブルックリン)生まれ、マンハッタン育ち

 

身長:178cm

 

既婚:妻・息子1人(2015年生まれ)

 

愛犬:アティカス(2012年から)

 

母:日本人

 

父:台湾人

ということで、日本人と台湾人のハーフでしたね。

父親が日本へ留学したときに、母親と出会ったそうです。

ちなみに両親の実家は北海道にあるようで、夏休みなど定期的に日本に帰ってくるくらい日本が好きなようですね。

5歳から剣道を習っていて、2段の資格を持っています

劇中でハンゾーが刀を使うシーンがありますが、「剣道をやっていたのがやっと役に立つ時が来た」とコメントをしています。

 

国籍はどこ?

アメリカ合衆国

国籍の決め方は2種類あります。

血統主義(両親どちらかの国籍で決められる)と、出生地主義(生まれた場所によって決められる)の2種類です。

アメリカ合衆国は後者なので、アメリカで生まれたルイ・オザワさんはアメリカ国籍ということになりますね。

ちなみにですが、日本は前者で二重国籍は認められていません(諸手続きが面倒くさくなるから)。

 

ほかの出演作品

フェア・ゲーム

 

 

ボーン・レガシー

と、プレデターズ以外の代表作品はこのくらいです。意外と少ないですね。

海外の映画やドラマの俳優としての活動がメインで、日本での俳優としての活動は少ないです。

あまりたくさんの作品に出演していないように見えるので、1作品あたりのギャラが高いのでしょうかね。

今のところですが、日本で活動するような予定はないみたいです。

 

ハンゾーのキャラ設定・豆知識

ハンゾーの左手をよく見ると、左手の薬指と小指がありません。

これは「生まれるのが遅かったサムライ」と言われるほど人を殺しすぎた代償として、指を詰めさせられたからです。

使っている拳銃は「ベレッタM92FS INOX」。数々の映画で登場する、まさに定番中の定番の銃ですね。

 

細かいですが、他のアメリカ映画で刀を用いて戦闘をする際、カンフーなどほかの武術が混ざったおかしな戦闘方法になることが多々あります。

しかし、このプレデターズではルイ・オザワさんが剣道を習っていたため、きちんと剣道をしている数少ない映画となりました。

でもやっぱり、ところどころちょっとおかしい所は見られます。そこは演出と折り合いをつけた感じですかね。

 

まとめ

・日本人と台湾人のハーフ

 

・出生地はアメリカ合衆国ニューヨーク(マンハッタン育ち)

 

・国籍もアメリカ合衆国

というわけで今回は、映画プレデターズに出演するハンゾー役、ルイ・オザワさんについて迫ってみました!

いかがでしたでしょうか。

役者の背景を知ってみるのと知らないで見るのでは、映画の見方が変わってきて面白いですよね。

ぜひこの記事を頭の隅っこに入れながら、プレデターズを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です