【画像】ソフィア・サモドゥロワがかわいい!身長と体重やカップについて調査してみた!

冬と言ったらフィギュアスケート。毎年決まって盛り上がるスポーツですよね。

今年の注目選手はスバリ、ソフィア・サモドゥロワ選手!

そんなサモドゥロワ選手がかわいいと話題になっています!

というわけで今回は、ソフィア・サモドゥロワのかわいい画像をお届けしつつ、身長・体重・カップについて調査をしてみました!

【画像】ソフィア・サモドゥロワが超かわいい件!

・・・どうでしょう?

もうまさに「これぞロシア美女!」と言わんばかりの顔立ち。

かわいいというか、”美しい”といった方が的確かもしれませんね。

それにしても16歳とは思えない魅力的な顔立ち・・・・。

やっぱり私生活でも男性からモテたりしているのでしょうか?

しかし、なんでここまで外国の女性ってより魅力的に見えるのでしょうか。

別に日本人がブスとかそういうわけではないんですが、やっぱり何か違った魅力を持っている感じがしますよね。

 

身長は何センチ?体重は何キロ?

身長:152cm(2017) ⇒ 156cm(2018)

 

体重:公式値なし。40kg前後と予想。

日本人の16歳女子の平均身長は157cm(2009年度調査データ)なので、実はサモドゥロワちゃんはそんなに身長が高くないんですね。なんだかちょっと好感が持てる気がします。

体重の公式値はありませんでしたが、「16歳・身長156cm・女性」の平均体重約50kgを参考に、40kg前後と予想しました。

そして、かなり絞られた身体なのは間違いありません。

なぜかという理由はシンプルで、彼女らは世界の舞台に立つアスリートだからです。

これはどのスポーツにも言えたことですが、トップアスリートたちには過酷な体重管理が必ず必要になってきます。

あの羽生くんでも、たった500gでも競技に支障をきたすレベルなのだそうです。

瞬発力のある筋肉をつけなければならない、しかしながら脂肪よりも筋肉は重たい。

つまり、無駄な筋肉をつけすぎてはいけないということになります。

 

でも、普通に考えたら「そりゃそうだ」って話ですよね。

体重が重くなれば演技のキレが落ちたり、ジャンプの高さが確保できなかったり(=回転数が落ちる)、スタミナが不足したり・・・・パフォーマンスの低下原因が多々あげられます。

世界の頂点に立つには、1gだって削ぎ落していかなければならない。

そういう意識じゃないと、世界の頂点になんて立てませんからね。

いやー、本当にアスリートって半端じゃないですね。尊敬します。

 

他選手と比較

みんな大好きザギトワ選手:身長/163cm 体重/40kg前後

 

宮原知子選手:身長/152cm 体重/40kg弱

 

坂本花織選手:身長158cm 体重/45kg前後

やはり、世界レベルで戦う選手たちはBMI18を越えてくる人はいないようです。

この数値からも、過酷さがひしひしと伝わってきますね。

 

カップはどれくらい?

限りなく

身体は少しでも軽く・コンパクトな方が、フィギュアスケートで世界の頂点に立つということにおいては有利です。

そのため、やはり胸も小さいのに越したことはありません。

意図的に胸が成長しないようにいしているのか、はたまた元から・・・・。

成長期の選手は、体格変化との戦いらしいです。

か・・・過酷。

これが世界の頂点に立つ代償ということなんですね・・・。

実際、浅田真央選手は引退後、胸が大きく成長しました。

 

まとめ

というわけで今回は、ソフィア・サモドゥロワ選手について迫ってみました!

いかがでしたでしょうか。

今後の活躍に期待ですね!!!

 

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です