【山手線の豆知識】「やまのてせん」と「やまてせん」はどっちが正しい読み方?

みんな大好き山手線。毎日お世話になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな東京の大事な交通機関である山手線ですが、こんなことを気にしたことはありませんか?

「”やまのてせん”と”やまてせん”、どっちが正しいんだろう?」

別にそこまで気になるわけではないけど、「やまてせん」っていう人がちょこちょこいるから度々気になっちゃいますよね。

というわけで今回は、山手線は果たして「やまのてせん」なのか「やまてせん」なのか調査をしてみました!

※以下の情報には出典がないので、信頼性の担保されている情報ではないのでご注意ください。あくまで”俗説”としてとらえていただけると幸いです。

【山手線】「やまのてせん」「やまてせん」どっちが正しい読み方?

「やまのてせん」が正式名称

一時期「やまてせん」と呼称される

意図的に「やまのてせん」に戻される

この「やまのてせん」という呼び方は、太平洋戦争前からずっとそうでした。

開業申請書には「山ノ手線」と表記するとの内容が書かれていましたが、なぜか「山手線(読み:やまのてせん)」ということになりました。

一時的に「やまてせん」と呼称される

終戦直後、連合国軍最高司令官総司令部(SCAP)の指示により、鉄道施設や道路標識にローマ字が併記がすすめられました。

当然ながらその際に、山手線の表記にもローマ字で「YAMATE=Loop=Line」と表記されるようになりました。

・・・あれ?YAMANOTEじゃなくてYAMATEになってるけど?

決して僕がタイピングミスをしているわけではなく、本当に「YAMATE=Loop=Line」なんです。

どうしてYAMATEになってしまったのかといいますと、国鉄部内での通称だった「ヤマテ」をそのまま使ってしまったんですね。

なので、その時期を生きていた人々は「YAMATE」という表記を正しいと思い込んでしまったんです。

これが「やまてせん」と呼ぶ人がたまにいるワケなんですね。

国鉄が一時期、表記として公にしていた名称なので、決して一概に”間違い”というわけでもなさそうですね。

意図的に「やまのてせん」に戻される

説1:1970年に始まった「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンの影響

 

説2:群馬県内の吾妻線(あがつません)開通の影響

説1:「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンの影響

端的に説明すると「駅名ってなんかわかりずれぇから、ふりがなふろうぜ」ってことになります。

「ディスカバー・ジャパン」という国鉄が行った個人旅行客を増やそう大作戦によって、フリガナが表記されるようになったんですね。

 

確かに、ぼっちで旅行をしていると「この駅何て名前なんだろう?行き方を聞きたいのに名前がそもそもわからない…」って状態に陥ることも考えられます。

当時はスマホなんてものはありませんし、調べるにしても誰かに聞く以外の選択肢はありません。いちいち駅員に聞くのも面倒でしょう。

それを解消するために、駅名にふりがなをふろうということで、正式名称である「やまのてせん」を表記したんですね。

 

ちなみにですが、当時このキャンペーンを受けて「国鉄がなぜ英語を使うんだ」という非難や、アメリカですでに行われていた「ディスカバー・アメリカ」という国内旅行を促そう大作戦と同じだということで「二番煎じかよw」みたいな非難があったみたいです。

なんというか、今も昔も消費者の文句って変わってないんですねw

説2:群馬県内の吾妻線(あがつません)開通の影響

群馬県の吾妻線(あがつません)が開通した際に「あづません」と呼ばれないようにするため、全路線の線路名称にふりがなをつけることを国鉄が決定しました。

その影響で、「YAMATE=Loop=Line」となっていた表記を「やまのてせん」という正式名称に戻したんですね。

以来、「やまのてせん」という呼称が定着することとなりました。

【雑学】山手線にまつわる豆知識

最後に、山手線にまつわる豆知識を置いておくこととしましょう。

頭の片隅に置いておくと、いつか役に立つ日が来るかもしれませんね。

・日暮里~西日暮里間は0.5キロしかない(徒歩約6分)

 

・内回りのアナウンスは女性の声、外回りのアナウンスは男性の声

 

・山手線は1日19周回る

 

・駅名と区は一致しない(品川駅:港区 目黒駅:品川区 新宿駅:渋谷区

まとめ

というわけで今回は、山手線の呼称は「やまのてせん」なのか「やまてせん」なのかという、なんとなく気になっちゃうことについて解説をしてみました。

いかがでしたでしょうか。

正しい読み方がわかったからと言って、決して「”やまてせん”じゃなくて”やまのてせん”だから。そんなのも知らねぇのかよw」みたいに、マウントを取るのはやめておきましょう。

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です